医療に携わる
あなたの仕事を効率化

受付中

遠隔画像診断の今後のトレンドと遠隔画像診断を用いた画像診断管理加算算定に向けた取り組み

診療報酬 遠隔画像診断 画像診断管理加算 ViewSend ICT
遠隔画像診断の今後のトレンドと遠隔画像診断を用いた画像診断管理加算算定に向けた取り組み

医師の働き方改革の観点も踏まえ、大学病院に勤務する放射線診断専門医の他院における画像診断に関しては、今後遠隔による自院での診断が進むと考えられています。今回はViewSend ICT株式会社代表取締役の嗣江氏に、これらの先進的なトレンドについて医療機関での事例も交えながらご紹介頂きます。また、画像診断管理加算の算定方法は、自院が画像診断管理加算の施設基準(1,2及び3)を取得して算定する方法と、遠隔画像診断を用いて施設基準を満たす医療機関に依頼する事で算定する方法がありますが、これら遠隔画像診断を用いた算定方法についても、厚労省の見解をもとに詳しくご説明頂きます。

関連ソリューション


ViewSend_画像診断管理加算移行サービス

施設基準 画像診断管理加算2又は3にある、常勤の放射線診断専門医が画像診断を行い、少なくとも8割以上の読影結果が、遅くとも撮影日の翌診療日までに主治医へ報告されていることに関して、ICTを活用した読影体制の強化にて実現をご支援するソリューションです。

cotocellar.com

og_img

ViewSend_遠隔画像診断支援サービス

画像公開システムのご紹介です。画像データの閲覧権限を設定し、セキュリティ面も確保したご利用が可能です。

cotocellar.com

og_img


開催概要

イベント名
遠隔画像診断の今後のトレンドと遠隔画像診断を用いた画像診断管理加算算定に向けた取り組み
開催日時
2022年07月15日(金)18:00-19:00(受付 17:50〜)
プログラム詳細
医師の働き方改革の観点も踏まえ、大学病院に勤務する放射線診断専門医の他院における画像診断に関しては、今後遠隔による自院での診断が進むと考えられています。今回はViewSend ICT株式会社代表取締役の嗣江氏に、これらの先進的なトレンドについて医療機関での事例も交えながらご紹介頂きます。また、画像診断管理加算の算定方法は、自院が画像診断管理加算の施設基準(1,2及び3)を取得して算定する方法と、遠隔画像診断を用いて施設基準を満たす医療機関に依頼する事で算定する方法がありますが、これら遠隔画像診断を用いた算定方法についても、厚労省の見解をもとに詳しくご説明頂きます。
参加費
無料
定員数
1000名
主催者
エム・シー・ヘルスケア株式会社
開催場所
ZOOM ウェビナー
備考
【申込締切】2022年7月8日(金)18:00迄 【対象者】医療機関役員・職員の皆様 *医療機関役員・職員の方以外は原則参加不可とさせて頂いておりますので、予めご了承の程宜しくお願い申し上げます。

登壇者

  • 嗣江 建栄
    ViewSend ICT株式会社 代表取締役 嗣江 建栄

    千葉大学大学院修了後、遠隔医療支援事業に従事。2010年にViewSend ICT株式会社を創立し、国立がん研究センターと共同で「病院と病院を連携する遠隔画像診断支援システム」を開発。他社に先駆け遠隔医療支援サービスを展開し、近年画像診断管理加算の算定が可能な遠隔画像診断支援サービスの開始に至る。

セミナー申し込み

コトセラやサービスのことなど、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら