医療に携わる
あなたの仕事を効率化

[がん対策] がん10年相対生存率59.4%、院内がん登録で初の集計 国がん

目次

国立がん研究センター(国がん)は27日、2008年のがん診療連携拠点病院などの院内がん登録の集計で、全てのがんの10年相対生存率が59.4%だったと発表した。院内がん登録を用いた10年相対生存率の算出は初めて。事前に開かれた説明会で、国がんの若尾文彦氏(がん対策情報センター長)は、免疫チェックポイント阻害薬などの新しい治療法の開発により、今後は生存率の大きな改善が期待できると指摘した・・・




この記事全文へのアクセスはメディキャスト(株)厚生政策情報センターが提供する「MC Plus」サービスの会員に限定されています。会員登録を頂くと、「MC Plus」上で続きがご覧になれます。

本記事コンテンツは、メディキャスト株式会社が作成、監修し、医療機関及び福祉・介護事業者向けの一般的な情報提供を目的としたものです。内容に関する一切の責任はメディキャスト株式会社に帰属します。また、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、情報の正確性および安全性を保証するものではなく、使用するデータ及び表現等の欠落、誤謬等につきましてはその責めを負いかねます。

記事提供者
記事提供者
厚生政策情報センター(メディキャスト株式会社)