医療に携わる
あなたの仕事を効率化

[医薬品] 難病薬エブリスディの費用対効果評価、該当性判断を保留 中医協

目次

4日の中央社会保険医療協議会・総会で12日付の薬価収載が了承された品目のうち、脊髄性筋萎縮症薬「エブリスディドライシロップ60mg」(一般名リスジプラム、中外製薬)は、薬価が97万4,463.70円と高額だが、指定難病薬であるため、厚生労働省は費用対効果評価の対象ではないと報告した。しかし、委員から、1年間で2,000万円を超えるとして「費用対効果評価の対象とするのが妥当」との意見があり、費用対効果評価の対象とするかどうかの判断は、保留とされ ・・・




この記事全文へのアクセスはメディキャスト(株)厚生政策情報センターが提供する「MC Plus」サービスの会員に限定されています。会員登録を頂くと、「MC Plus」上で続きがご覧になれます。

本記事コンテンツは、メディキャスト株式会社が作成、監修し、医療機関及び福祉・介護事業者向けの一般的な情報提供を目的としたものです。内容に関する一切の責任はメディキャスト株式会社に帰属します。また、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、情報の正確性および安全性を保証するものではなく、使用するデータ及び表現等の欠落、誤謬等につきましてはその責めを負いかねます。

記事提供者
記事提供者
厚生政策情報センター(メディキャスト株式会社)