医療に携わる
あなたの仕事を効率化

[医療提供体制] 医師の時短の取り組み、5段階評価の導入は見送り 厚労省

目次

厚生労働省は、勤務医の労働時間短縮(時短)の取り組みや実績を医療機関ごとに5段階で評価する仕組みの導入の見送りを決めた。「病院の優劣を強く印象付ける」といった慎重論への配慮からで、それに代わり、時短の実績が改善しているかなどの評価結果を「定型的な文章」の組み合わせで示すことを提案した。15日に開催された「医師の働き方改革の推進に関する検討会」に修正案を示し、了承された。都道府県の「医療機関勤務環境評価センター」が書面による評価を2022年度に始める。当初は、労働関連の法令や医療法の違反がないことを前提に、最上位の「S」と、「A-D」の計5段階で評価することを想定していた ・・・




この記事全文へのアクセスはメディキャスト(株)厚生政策情報センターが提供する「MC Plus」サービスの会員に限定されています。会員登録を頂くと、「MC Plus」上で続きがご覧になれます。

本記事コンテンツは、メディキャスト株式会社が作成、監修し、医療機関及び福祉・介護事業者向けの一般的な情報提供を目的としたものです。内容に関する一切の責任はメディキャスト株式会社に帰属します。また、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、情報の正確性および安全性を保証するものではなく、使用するデータ及び表現等の欠落、誤謬等につきましてはその責めを負いかねます。

記事提供者
記事提供者
厚生政策情報センター(メディキャスト株式会社)