医療に携わる
あなたの仕事を効率化

[診療報酬] 診療報酬本体、躊躇なくマイナス改定を 財政審分科会で財務省

目次

 財政制度等審議会・財政制度分科会が8日に会合を開き、財務省は、診療報酬本体が高止まりしているとして「躊躇なく『マイナス改定』をすべき」と主張した。薬価に関しては、引き下げ後も薬剤費が経済成長率を大きく上回って伸びていると指摘。毎年改定の実現にとどまらず、もう一段の強力な取り組みの必要性を強調した。財政審が月内に固める2022年度予算編成の建議(提言)に反映させる・・・




この記事全文へのアクセスはメディキャスト(株)厚生政策情報センターが提供する「MC Plus」サービスの会員に限定されています。会員登録を頂くと、「MC Plus」上で続きがご覧になれます。

本記事コンテンツは、メディキャスト株式会社が作成、監修し、医療機関及び福祉・介護事業者向けの一般的な情報提供を目的としたものです。内容に関する一切の責任はメディキャスト株式会社に帰属します。また、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、情報の正確性および安全性を保証するものではなく、使用するデータ及び表現等の欠落、誤謬等につきましてはその責めを負いかねます。

記事提供者
記事提供者
厚生政策情報センター(メディキャスト株式会社)