医療に携わる
あなたの仕事を効率化

[医療提供体制] 感染症対応で結核病床の有効活用を提言 国立病院機構

目次

 国立病院機構の前田光哉・医務担当理事は11日、今後の新興感染症への対応で結核病床を有効的に活用することを厚生労働省の「第8次医療計画等に関する検討会」で提案した。呼吸器系の新興感染症対応への備えとして既存の結核病床の一般病床化を認めた上で、「モデル病床化」などを進める必要性を強調。これにより、平時は結核や一般診療に、感染症の流行時には速やかに患者の受け入れに対応できる体制を整えられると指摘した・・・




この記事全文へのアクセスはメディキャスト(株)厚生政策情報センターが提供する「MC Plus」サービスの会員に限定されています。会員登録を頂くと、「MC Plus」上で続きがご覧になれます。

本記事コンテンツは、メディキャスト株式会社が作成、監修し、医療機関及び福祉・介護事業者向けの一般的な情報提供を目的としたものです。内容に関する一切の責任はメディキャスト株式会社に帰属します。また、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、情報の正確性および安全性を保証するものではなく、使用するデータ及び表現等の欠落、誤謬等につきましてはその責めを負いかねます。

記事提供者
記事提供者
厚生政策情報センター(メディキャスト株式会社)