医療に携わる
あなたの仕事を効率化

[診療報酬] 看護必要度、「心電図モニターの管理」を削除 中医協・総会

目次

 中央社会保険医療協議会・総会は26日、これまでの議論を踏まえて、2022年度診
 療報酬改定の「個別改定項目」の具体的な内容の議論に入ったが、診療側と支払側
 が対立した一般病棟用の「重症度、医療・看護必要度」(看護必要度)の見直し
 は、意見の隔たりが埋まらず公益委員の裁定で決着した。A項目については「心電
 図モニターの管理」を削除するなどして、B項目とC項目は変更なしの「見直し案
 3」を採用し、急性期の該当患者の受け入れ割合の基準は、急性期一般入院料1の看
 護必要度Iで31%を据え置き、看護必要度IIは1ポイント下げて28%とする ・・・




この記事全文へのアクセスはメディキャスト(株)厚生政策情報センターが提供する「MC Plus」サービスの会員に限定されています。会員登録を頂くと、「MC Plus」上で続きがご覧になれます。

本記事コンテンツは、メディキャスト株式会社が作成、監修し、医療機関及び福祉・介護事業者向けの一般的な情報提供を目的としたものです。内容に関する一切の責任はメディキャスト株式会社に帰属します。また、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、情報の正確性および安全性を保証するものではなく、使用するデータ及び表現等の欠落、誤謬等につきましてはその責めを負いかねます。

記事提供者
記事提供者
厚生政策情報センター(株式会社日本経営)