医療に携わる
あなたの仕事を効率化

【連載】北米イノベーション最前線 ヘルスケアニュース from Silicon Valley⑥

アイキャッチ画像
目次

【私たちが想像するヘルスケアの未来は、少しずつ現実となっている。そんな北米の最新ヘルスケアイノベーション情報を定期的にお届け致します。】

いよいよ世界最大のヘルスケアIT学会・イベントであるHIMSS21の開催が、来週に迫って参りました。昨年はコロナの影響で中止となりましたが、今年は、米国ラスベガスでリアル開催となります。経済再開が進み、今年は、ヘルスケアの各種イベントも開催が予定される一方で、米国でもデルタ株による感染拡大の懸念が高まっています。CDC(米疾病対策センター)は、COVID-19ワクチンを接種完了した人であっても、室内でのマスク着用を推奨するとのガイドラインを発表する等、方針転換を行っており、今後の動向を注視する必要があります。皆様もマスクの着用をお忘れなく、ご自愛ください。

1.デジタルヘルス

1) Avive社、次世代型AEDが話題に

Aviveが開発する次世代型のコンパクト&スマートAEDが話題となっている。自宅や公共施設等に設置することを想定したモニター付きのAEDで、緊急時に患者の付近にある同AEDに一斉アラートを発信し、付近にいる人を、AEDが必要な患者の位置へとリモートで誘導する機能を備えている。尚、Avive社は、現在、同ソリューションをFDA申請中。

2) BioIntelliSense社、$45M(約49億円)の資金調達を実施   

体温、呼吸数、心拍数、活動レベル、睡眠状態、歩行等をモニタリング可能なパッチ型ウェアラブルデバイス(FDA承認済)を開発するBioIntelliSenseが、新たに$45Mの資金調達を実施した(Series B)。同社は、今年に入り、CES2021でBest of Innovation Awardsを受賞。その後、遠隔診療プラットフォームを展開するVeeMedとの提携を発表した他、医療公共クラウドのセキュリティ、コンプライアンス、プライバシー等の保護システムを開発するClearDATAとの提携、音声起動の在宅医療アラートシステムを開発するAloe Careとの提携を立て続けに発表しており、多くの医療用ウェアラブルデバイスの中でも注目を集めている。

2.メディカルデバイス

1) 整形外科スタートアップBioventus社、超音波治療装置を開発するMisonix社を$518M(約566億円)で買収 

整形外科スタートアップのBioventusが、同じく整形外科領域及び、形成外科や顎顔面領域の超音波治療装置を開発するMisonixを約$518Mで買収することを発表した。米国ノースカロライナ州に拠点を置くBioventus社は、元々、英Smith &Nephewの生物製剤および臨床治療部門であり、2016年にスピンアウト、2021年2月にIPOしていた。同社は現在、骨折や関節痛治療用のデバイス、骨移植用組織等を取り扱っており、自社のグローバルな販売網を活用しMisonix社製品を拡販することで、相乗効果を狙う。

2) 産婦人科領域のデバイスを開発するMaterna Medical社、$10M(約10億円)の資金調達を実施

産婦人科領域のデバイスを開発するMaterna Medicalが、$10Mの資金調達(シリーズA2)を実施した。同社の製品”Prep“(出産時の子宮口拡大の補助デバイス)、”Milli“(出産時の骨盤痛緩和デバイス)は、どちらも急速に拡大するFemtech(女性のためのテクノロジー)市場の製品として注目されいてる。今回の資金調達で、MilliのFDA承認(適応拡大)を目指すとのこと。

3.ヘルスケア

1) Ro社、メンタルヘルス領域に参入

デジタルヘルス領域で注目を集めるユニコーン企業・Ro(企業価値$5B)が、新たなサービス「Ro Mind」を開始し、メンタルヘルス領域に参入したと発表した。同社は、2017年に設立後、男性向けオンライン診療(Roman:AGA診療、ED診療)から事業をスタートし、その後、女性向け(Rory)、不妊治療(Modern Fertility)、禁煙(Zero)、肥満(Plenity)とサービスを拡大。その後、プライマリケアとオンライン薬局・配送にも取り組んでいる他、今年に入り、在宅検査キット事業を行うKitの買収を発表する等、総合デジタルヘルス企業へと進化していっている。

2) 米医療保険大手のAnthem社・Humana社、薬剤給付管理事業のJVを設立 

米医療保険大手のAnthemとHumanaが、投資・金融企業向けのソフトウェア企業であるSS&C Technologiesと共に、PBM(Pharmacy Benefit Manager: 薬剤給付管理)事業のJV “DomaniRx"を設立した(今後、$925Mを投下予定)。同社は、民間保険会社、公的保険(メディケア)、及び企業(雇用主)の為の、APIプラットフォームを開発。オープンソースによる登録者への各種ツール・分析機能の提供等を通じて、透明性・アクセサビリティ・サービス品質の向上等を目指す。

記事提供者
記事提供者
エム・シー・ヘルスケア株式会社

コトセラやサービスのことなど、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら