医療に携わる
あなたの仕事を効率化

医療機関事例

【事例:倉敷中央病院】これからは地域のIT最適化が目標②

アイキャッチ画像
目次

【医療機関のIT活用事例】2024年医師の働き方改革の施行が迫っており、医療現場でもITを有効に活用した取り組みに注目が集まっています。本記事では、ITを駆使して仕事の効率化を進める倉敷中央病院の取り組み事例をご紹介します。


【事例:倉敷中央病院】これからは地域のIT最適化が目標②       


公益財団法人 大原記念 倉敷中央医療機構 倉敷中央病院 情報システム部 部長

藤川敏行


【事例:倉敷中央病院】これからは地域のIT最適化が目標①(リンク予定)

(以下敬称略)

倉敷地域や岡山県内の病院は病院協会への加入率も日本一高い地域ですが、その辺りの地域連携とも絡めた情報ネットワークの強化もなされているのでしょうか?

藤川▲岡山市には当院と同じように急性期を担う病院が数多く存在しています。なかなか機能分担するうえでも難しい部分があるようにも聞いていますが、特に倉敷地域の急性期病院は当院と川崎医科大学附属病院の2つを中心に任されており、他の医療機関は次の段階の医療機能を担う形で運営されていますので、地域医療連携をやるうえではやりやすい地域だと感じています。当院と古くから深い連携のあった医療機関とは「倉敷病院情報システム研究会」を立ち上げ、医事会計システムの導入においても「みんなで使える形にしてまとめることで安く購入しましょう」といった取り組みを行っています。当院がたまたまNECのシステムを利用しているということもあって、「倉敷中央病院がNECなら当院もNECでいい」という医療機関も多く、倉敷地域はNEC利用率が高くなっているとも聞いています。

「倉敷病院情報システム研究会」は、それぞれの病院のシステム部門の関係者が集まっているのでしょうか?

藤川▲当初はシステム部門が中心でしたが、実は他の病院にはシステム担当者はあまり多くなく、どちらかというと経営的視点で見ていこうという主旨で集まってディスカッションをする場になっています。ですから、いわゆる連携室が集まっていたりしますので、今となっては「システムはさておき」という形になっています。

 ただ、もともとは地域でまとめることで安価に購入できるようにといった形を目標にして結成された研究会という背景があります。最近はコロナ禍の中で活動が止まっていますが、そういう取り組みも進めてきました。

病院の中においては、例えば電子カルテの入れ替えなど、実際に運用される医師や看護師などから多様な要望やシステムトラブルもありますし、病院の中でシステム部は大変重要な役割を果たされていますね。

藤川▲病院は一般の企業とは違って、基本的には身分制度のようなところがありますよね。医師という特権階級があって、でもあまりまとまっていなくてバラバラでいる一方で、看護師は当院の場合1,300~1,400名いますので数の力で圧倒されてしまうというところもあります。一般的に言う事務部門に所属している私たちは無資格者の部門になるのですが、当院の場合は、院長直轄組織として副院長クラスがセンター長を担うIT推進センターが設置されており、院内のシステムの推進はこのセンターでの活動ということで位置付けられています。

 電子カルテだけでみると、「次はどんな電子カルテにしようか」とさまざまな職種が集まり委員会組織の中でディスカッションして決めていくのですが、私たちは事務局としてうまく意見を集約しながら誘導しています。他の病院では電子カルテシステムを富士通からNECに変えて、また富士通に戻して、そしてまたNECに変えて、というのを繰り返しているところもあるかもしれませんが、私の想像ですとベンダーを頻繁に変えている病院は、もしかすると医師主導で意思決定をしているのかなと想像しています。

 NECを導入している私たちも、もし富士通製が完全にNEC製より優れているのであれば、そこは労力もお金もかけてベンダー変更すればよいとは思うのですが、いろいろな交流の中で両社の電子カルテシステムを見てみましたが、実はそんなに性能・機能などは変わらないんですよね。であれば、新しいものに置き換えることに費用や労力をかけるよりは今の製品の改良に費やしたほうがいいと考えています。別にNECと何らかの癒着があるわけでは一切ないのでそう思われてしまうと困るのですが、一旦コンペで電子カルテについてはNEC製を導入すると決めたのであれば、しばらくは他社に変えてみようかとよそ見をするのではなく、導入した製品の改良にお金を使ったほうがよいと考えています。

→ 【事例:倉敷中央病院】これからは地域のIT最適化が目標③ へ続く

――――――

●収録日:2021年10月20日

●施設概要

病院名:公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院

所在地:岡山県倉敷市美和1-1-1

電 話:086-422-0210

病床数:1,172床

――――――

●転載元

医事業務 No.618(株式会社産労総合研究所 2月1日発行)

特集1 仕事の効率化を図る 《IT編》

ITを有効に活用して医療従事者の働き方を変える

《医事業務》

https://www.e-sanro.net/magazine_iryo/iji/

――――――


記事提供者
記事提供者
産労総合研究所

コトセラやサービスのことなど、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら