医療に携わる
あなたの仕事を効率化

医療機関事例

【事例:信州大学附属病院・丸子中央病院】「人馬一体」を追求したITの理想的な在り方③

アイキャッチ画像
目次

【医療機関のIT活用事例】2024年医師の働き方改革の施行が迫っており、医療現場でもITを有効に活用した取り組みに注目が集まっています。本記事では、ITを駆使して仕事の効率化を進める信州大学医学部附属病院・丸子中央病院の取り組み事例をご紹介します。


「人馬一体」を追求したITの理想的な在り方③

信州大学医学部附属病院  経営管理課 病院機能強化係 主査 / 白木康浩

丸子中央病院 情報企画課 課長 / 鈴木 亨


「人馬一体」を追求したITの理想的な在り方①

「人馬一体」を追求したITの理想的な在り方②

(以下、敬称略)

どの病院でも医師などの働き方改革が話題になっていますが、IT活用という視点での取り組みは何か両院内でなされていますか?

白木▲大学病院は医師の数も多くて大変です。たまたま職員証がFelica(ソニー㈱の非接触ICカード)なので、すべての入り口にカードリーダーを設置して医師の勤怠管理をまずは把握しようという取り組みを始めています。把握した後の管理は内製化したシステムを開発しています。

鈴木▲信州大病院とは医療内容や規模が違うのですが、可視化しないと何も分からないので、勤怠の可視化に向けた準備は進めています。課題としては、電子カルテの縦覧性を強化したいと思っています。例えば病棟を管理しなければならない看護師長に全体の集計や入力もれなどが基準値に比べてどうなっているのかが見えにくい。地域包括ケアだとリハビリは全員に必ず月平均2単位以上やっていないと、そもそも収入を得なければならないこともありますので、その把握に管理職が苦心しているのを改善していけたらと思います。

施設基準に関連する部分もあると思いますが、ITの活用・工夫などはどのようにされていますか?

白木▲電子カルテ入力済みデータの活用は大きな課題であったため、2018年にDWH(データウェアハウス)を再整備しました。現在はDWHに多くのデータが蓄積されるようになりましたので、そこからデータを抽出し、活用しています。本来ならば、RPAを活用するときれいな帳票が自動的につくられますが、そこまでいっていないのが現状です。

鈴木▲当院は簡易的なDWHしかないのですが、制度もどんどん変化しているので、それに素早く対応してくのは難しいですね。自分でツールをつくって対応しているものも多いです。また、それだけだと足りないので、企画課の職員とR言語(統計解析向けのプログラミング言語)で、元データから加工して集計処理をできるようにということも検討しています。例えば平均在院日数の計算なども、例外ルールが多くて計算が難しいです。毎月、手計算で間違えずに行うために、見た目以上の労力がかかります。元データを入れることできちんと毎回処理できるプログラムをつくって活用していきたいと考えています。コロナワクチン接種業務などもさらに増え、さまざまな業務を限られた人員で対応しないといけないので、コンピュータを活用して効率的に対処したいと思っています。

白木▲資料1は信州大学の地域公開講座で使ったものですが、私たち事務部がDXを「ズクなし(=「面倒くさがり屋」の方言)でもできた理由」をここに書いています。他のことと比べてRPAを進められたのは簡単なロボットだからできたとか、つまらない仕事をやるよりはロボット作成のほうが楽しいとか、それぞれ背景がありますが、一番大きいのはやはり一人でコツコツ作業をしていてはなかなか新しいことに取り組めないので、みんなでワイワイしているのがいいということもあります。「以前作成されたこのWordファイルのとおりにつくれ」といった仕事の進め方をなくしたいと意識的に取り組み、みんなでワイワイやることで前に進めていく雰囲気ができたのではないかと思います。経済産業省の「DXレポート2」には、とても良いことが書いてあるのですが、その1つに業界内の他社との協調領域の形成というのがあります。鈴木さんとも仲良くしていきたいと思いますし、やはり一人ではできないですからね。グループ病院とかに関係なく仲良くさせていただいている病院がせっかく数多くあるのですから、うまく連携していきたいと思います。また、当院の場合は電子カルテベンダーと依存関係、もっと言えば共依存にあったことが、要改善事項だと思っていて、病院側とベンダーとの間に不毛の議論が生まれてしまうこともありました。ですから病院と電子カルテベンダーとの関係は、パートナーとして相互補完してもらえる関係になるのが理想だと思います。

資料1

鈴木▲コロナの対応を見てもシステムをつくる側にかかわる一個人として「もっといい方法があるのに、なぜファックスでやっていたんだ?」と感じてしまいます。ファックスを使ってきた人たちとしては、今までの流れの延長線上でやっているだけなのですが。電子カルテにしてもそうですが、システムがなくなってもいいのかという議論をすると「ないとダメだ」という話になります。例えば出張に行くときに、今はスマホで新幹線やホテルの手配がすぐにできてしまいます。システムをやめるということは、紙の時刻表を見て調べ、予約窓口に電話して、宿泊先も調べて、という時代に戻るということになります。今さら戻りたくはないですよね。いろいろなシステムを試して、自分たちに合うような仕組みをつくり、活用することで浮いた時間や労力をどう生かすか。現場が良くなるように少しずつ積み上げて、医療機関で働く人が無駄な作業をしないで済むようになるといいなと常に思います。

――――――

●収録日:2021年10月27日

●施設概要

病院名:信州大学医学部附属病院

  • 所在地:長野県松本市旭3-1-1
  • 電 話:0263-35-4600
  • 病床数:717床

病院名:丸子中央病院

  • 所在地:長野県上田市中丸子1771-1
  • 電 話:0268-42-1111
  • 病床数:199床

●転載元

医事業務 No.618(株式会社産労総合研究所 2月1日発行)

特集1 仕事の効率化を図る 《IT編》

ITを有効に活用して医療従事者の働き方を変える

《医事業務》

https://www.e-sanro.net/magazine_iryo/iji/


記事提供者
記事提供者
産労総合研究所

コトセラやサービスのことなど、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら